ガレージ キット

2007年04月06日

ガレージキットの種類

バキュームフォームキット
熱したプラスチック板を型に当て、下方から真空吸引(個人レベルでは電気掃除機を使用する)して型に密着させて成形する手法で製作されたキット。プラモデルの項、製法による分類参照。
メタルキット
ホワイトメタルと呼ばれる、錫を主体とした低融点の合金を型に流し込んで作られるキット。金属を素材としているので接着と塗装が難しい。熱により型が消耗するため大量生産には向かない。
いわゆる「鉛の兵隊」とはホワイトメタル製の兵隊人形のことである。
レジンキャストキット
無発泡ウレタン樹脂をシリコーン型に流し込んで生産するキット。現在ガレージキットと言えばほとんどがこの種類を指す。
尚、プラキャストという呼称は本来は商品名である。
ソフトビニールキット
軟質樹脂を金型に流しこんで生産するキット。成形される樹脂の素材がソフトビニール(ポリ塩化ビニル)のためこう呼ばれる。かつては玩具として非常に多くの製品が流通していた。大量生産に向くが、専用設備と専門技術が必要。有機的な表現が可能なため怪獣やアニメフィギュアなどの造形に向くが、ロボットやメカなどの精密な模型も可能。
素材の特質から通常の模型用塗料の定着が悪く、年月の経過と共に素材から揮発する溶剤分で塗膜が溶出する、高い温度の環境に置くと変形する、直射日光の紫外線で変質する等、経時変化に弱い。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88
posted by ガレージ キット at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3676721

この記事へのトラックバック