ガレージ キット

2007年04月06日

ガレージキットの生産技法

ガレージキットは、少量生産向けの技術を使って生産されることが多い。金属板のエッチング加工部品・シリコンゴムと熱硬化性樹脂によるプラスチック部品・NC加工を行う工作機械(NC工作機)や手作業生産による部品などが採用される。組み立てにはある程度の(あるいは、時としてかなりの)模型製作スキルを必要とする。 複製・生産された「キット」に対し、その元となった図面や立体物を「原型」、図面や原型を製作した人を「原型製作者」「原型師」「マスターモデラー」などと呼ぶ。これらの原型をもとにキットが製作される。

バキュームフォーマーと呼ばれる底面に空気抜きの穴を備え吸引機能を持つ機械で、熱したプラスチック板を加工する。原型は底面がもっとも面積が大きくなるように適切に分割される必要がある。表面に細かなデザインを施したい場合は雌型を用いることもあるが、雄型が一般的である。製品は最中のように中空の貼りあわせになるので軽くなり比較的大型のキットが製造できる。吸引は家庭用の掃除機でも可能であり、家庭用の小型バキュームフォーマーが市販されている。熱したプラスチック板を押し付けるので原型は木で作られることが多い。生産に手間がかかり細密な再現は難しいが、原型の破損は少なくある程度の個数の生産が可能。
キャスティングによる生産
キャスティングは、原型から注型用の雌型を作成して樹脂や金属を流し込んで造形物を複製する技法である。一般的なレジンキャストによる生産では、金属板・プラスチック板・粘土(石粉粘土、樹脂粘土、ポリエステルパテなどの熱硬化性樹脂)など様々な素材を用いて手作業で製作した原型を、シリコーンゴムによって型取りし、そこに液状の熱硬化性樹脂を注型して硬化させることで複製を得る。メタルキャストでは低融点の金属を溶かして注型する。シリコーンゴムは常温で硬化し、珪素を含むもの(ガラス)以外にはほとんど接着しないため原型素材はプラスチックや金属、紙粘土でもかまわない。ただし原型の表面がざらざらしていたり、細かな穴が開いたりしている場合はゴムが吸盤状になり密着性が強化され型から剥がれなくなることがある。

一般的なプラモデルなどに使われる熱可塑性樹脂によるプラスチック成型では必須の、たいへん高価な「金型」が不要であり、初期投資額を抑えることができる。生産効率は低く一つの型で10個から20個の複製が限界であるが、キャスティングキャスティングはポピュラーな手法となっている。原型が破損しなければある程度の生産は可能だが、破損するごとに型をすべて作り直す必要があるため、生産費は高めである。また柔らかいシリコーンゴムは歪みやすく、精度を保つためにはテクニックを必要とする。


キャスティングによる生産
キャスティングは、原型から注型用の雌型を作成して樹脂や金属を流し込んで造形物を複製する技法である。一般的なレジンキャストによる生産では、金属板・プラスチック板・粘土(石粉粘土、樹脂粘土、ポリエステルパテなどの熱硬化性樹脂)など様々な素材を用いて手作業で製作した原型を、シリコーンゴムによって型取りし、そこに液状の熱硬化性樹脂を注型して硬化させることで複製を得る。メタルキャストでは低融点の金属を溶かして注型する。シリコーンゴムは常温で硬化し、珪素を含むもの(ガラス)以外にはほとんど接着しないため原型素材はプラスチックや金属、紙粘土でもかまわない。ただし原型の表面がざらざらしていたり、細かな穴が開いたりしている場合はゴムが吸盤状になり密着性が強化され型から剥がれなくなることがある。

一般的なプラモデルなどに使われる熱可塑性樹脂によるプラスチック成型では必須の、たいへん高価な「金型」が不要であり、初期投資額を抑えることができる。生産効率は低く一つの型で10個から20個の複製が限界であるが、キャスティングキャスティングはポピュラーな手法となっている。原型が破損しなければある程度の生産は可能だが、破損するごとに型をすべて作り直す必要があるため、生産費は高めである。また柔らかいシリコーンゴムは歪みやすく、精度を保つためにはテクニックを必要とする。

posted by ガレージ キット at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3676728

この記事へのトラックバック